TILの考え方

スマホを寝室に持ち込まないだけで、1日1時間を作れた話

ティル

朝、スマホの目覚ましで起きて、そのままTwitterやInstagramを眺めてダラダラしてから起きる。

そんな過ごし方をしていませんか?

そんなわけで、本日のテーマ

寝室にスマホを持ち込むのをやめて、1日1時間を捻出しようです。

朝の貴重な15分や30分。

夜の30分の睡眠時間、質の良い睡眠の確保。

このどちらも、 寝室にスマホ持ち込むことで、簡単に消滅してしまいます。

寝室にスマホを持ち込まない。

これを決めただけで、他に使える時間が1時間増えました。

スマホを寝室から排除したきっかけ

アメリカの起業家のインタビューをネットで読みました。

そこには「寝室にスマホを持ち込まないようにしたら、連絡を絶つ時間ができて精神的豊かになった。また物理的に睡眠時間が伸びるので肉体的にも健康になった」と話されていました。

ティル

「良いかも?」と思ったものはすぐに試してみると決めて生きています。

性格とか生まれとかではなく、そう決めて生きてきて、たくさん失敗しながら徐々に生活が豊かになってきました。

その時も、インタビュー記事を読んだその場で充電器とケーブルをポチり、寝室の外にスマホを充電できる設備を整えました。

そしてどうなったか。

1日の時間が長くなったんです!!!

考えてみれば当たり前です。

  • 朝、スマホのアラームで目覚めて15分から30分ツイッター, インスタを見る。
  • 夜、寝る前に30分ほどダラダラとツイッターで眺めたりネットサーフィンをする。

これらが綺麗さっぱりなくなり、朝は以前より余裕を持てるように、夜は早く快適に寝付けるようになりました。

眠りも深くなり、以前より人生が豊かに過ごせるようになっています。

まとめ

そんなわけで、寝室にスマホを持ち込むことをやめて、1日1時間増やそうという話でした。

寝起きにダラダラ、寝る前にダラダラ、その時間を削ってもっと有意義で健康的な時間に使うようにしましょう。

精神的に弱くなる寝起きや、疲れきってタガが外れる寝る前の習慣を見直してみると、無駄にしている時間・精神力を削減できるかもです。

そんなわけで、まず始めに

今日から、寝室の外にスマホを置いて充電してみましょう。

寝室の外でアラームが鳴っても、意外と起きられるものです。

ティル

ここでただ読んで「なるほどね!」で終わると

記事を読んだ時間が全くのムダになってしまうので、

ぜひ行動して欲しいです。

絶対に人生がちょっぴり前向きになることを保証します!

自分が現在最高だと思っているのは、Google Home miniを寝室に置いて、それを目覚ましにすることです。

スマホは寝室の外に置いて、かつアラームとして使うのをやめましょう。

スマホをアラームにすると、たまにそのままスマホを持ってソファでダラダラしたりしてしまうからです。

ティル

ここまで読んでくださってありがとうございました!

これからも時短系の記事を配信していくので、ぜひフォローをお願いします!

ブログ「Time Is Life」では、時短の方法や具体的に使っているアイテム、時間を生む考え方などをTwitterで配信しています。

Twitter

ここだけ読めば良いように、どの雑誌やブログよりも、濃くまとまった記事を配信していきます。

想像してみてください。

洗濯物を干したり取り込んだりを気にしなくて良い生活を。床掃除をしなくても常に綺麗な家を。Youtubeで笑っている間に食器が勝手に綺麗になる生活を。

そう、まるで家政婦がいるような生活です

それを実現できるようにフルサポートするのがこのブログです。

おすすめの時短家電などの内容はもちろん、最新の時短術や使いやすい洗剤、時間を生む考え方など、”頑張らなくても、誰でも、簡単に時短ができる” ように、配信をしていきます。

試しにフォローして、役に立たなければフォロー解除で全く構いません。

今までコンサルを受けた人の生活を劇的に改善してきた実績があります。役に立たないわけがないという強い自信があります。

私はこれで日本全体の「なんだかいつも時間がない…」という状況を変えるつもりです。
3年以上、常に実体験を伴いアップデートをし続けてきた集大成を配信します。

騙されたと思ってTwitter、Instagramをフォローしてみてください。

私が救われた「時短術」で、

あなたの人生の時間を劇的に増やし、幸せにします。

フォローは下の「Twitter」ボタンより、ほぼ毎日記事が届きます。

コンサルご希望の方は、TwitterのDMまで。

Twitter