名もなき家事

台ふきん、正直 臭くね?

ご飯を食べ終わりテーブルを大ふきんで拭いた後です。

ティル

テーブル、くっさ!!

台ふきん、臭い!

一人暮らしを始めて1ヶ月ぐらい経った頃に気づいた衝撃の事実でした。

そんなわけで、本日のテーマ

台ふきんを使うのをやめて、すべてウェットティッシュで片付けるようにしたら めちゃ生活が快適になったという話です。

臭い=雑菌

そもそも「臭い=雑菌」ですからね。

台ふきんで綺麗にしようとしているのに、雑菌をテーブルに塗り広げていた、と考えるとおぞましい気持ちになります。

台ふきん→ウェットティッシュのメリット

1、台ふきんが臭いと嫌な気持ちになることがなくなった

台ふきんが臭い、テーブルが臭いと悲しい気持ちになることがなくなりました。

2、台ふきんを洗う必要がなくなります。

臭いから頻繁に洗っていたんですがその洗う必要がなくなりました。

3、ご飯時以外でも周りが汚れていたらウェットティッシュさっと拭くことができます。

ご飯時以外でも何か気になったときにすぐにウェットティッシュで拭くことができます。

一言で言うと

全人類、はやく台ふきんなんて使うのやめて、ウェットティッシュを使うようにしよう、ということです。

台ふきんをウェットティッシュにしたきっかけ

冒頭でも話した通り、一人暮らしを始めた頃に台ふきんの臭さに衝撃を覚えました。

最初の頃は、きちんと洗えていないんだと思って洗う頻度を増やしてみたり、洗剤を変えてみたりしましたが、

結局1ヶ月も使うと臭くなっていました。

ここで気づいた事は、台ふきんはきちんと洗っていてもすぐ臭くなるということでした。

そこで台ふきんを使うことを諦めて、何かいいものはないかと考えたときに出てきたアイデアがテーブルを拭くのは全てウェットティッシュにすると言うことでした。

ティル

このアイデアは大当たりだわ!

ウェットティッシュ、最高!

食事が終わった後は、ウェットティッシュを取り出してテーブルを拭いてそれをゴミ箱に捨てて終わりです。

衛生的だし、ふきんを洗うと言う手間もなくなりました。

さらに加えて良かった事は、食事時以外にも何か汚れているときにすぐにウェットティッシュが使えることです。

たとえばテレビの上の上のほこりが気になった時や、なんとなくテーブルのベタつきが気になった時などなど。

すぐにさっとウェットティッシュを取り出して拭いて解決です。

我が家のウェットティッシュケースのご紹介

ちなみに我が家ではウェットティッシュをmochiという名前の陶器でできたおしゃれなケースに入れて使っています。

おしゃれなケースに詰め替えるメリットは、机の上に置いておいても気にならないと言うことです。

さて、結論です。

台ふきんを使うのはやめてウェットティッシュを使うようにすると、洗わなくていいし他の事にも使えて便利という話をしました。

ティル

当たり前にやっていることを「本当にそれをしなきゃいけないのか?」と言う視点で疑い、

一つ一つ良くしていくことが大事です。

はじめの一歩

今日から台ふきんを使うのをやめて、ウェットティッシュにしてみませんか?

コンビニでささっと買って試してみると、あなたの人生がちょっと良くなりますよ!

ではまた、ティルでした。

ブログ「Time Is Life」では、時短の方法や具体的に使っているアイテム、時間を生む考え方などを週に5記事ほどTwitterで配信しています。

Twitter

ここだけ読めば良いように、どの雑誌やブログよりも、濃くまとまった記事を配信していきます。

想像してみてください。

洗濯物を干したり取り込んだりを気にしなくて良い生活を。床掃除をしなくても常に綺麗な家を。Youtubeで笑っている間に食器が勝手に綺麗になる生活を。

そう、まるで家政婦がいるような生活です

それを実現できるようにフルサポートするのがこのブログです。

おすすめの時短家電などの内容はもちろん、最新の時短術や使いやすい洗剤、時間を生む考え方など、”頑張らなくても、誰でも、簡単に時短ができる” ように、配信をしていきます。

試しにフォローして、役に立たなければフォロー解除で全く構いません。

今まで身近な人の生活を劇的に改善してきた実績があります。役に立たないわけがないという強い自信があります。

私はこれで日本全体の「なんだかいつも時間がない…」という状況を変えるつもりです。
3年以上、常に実体験を伴いアップデートをし続けてきた集大成を配信します。

騙されたと思ってTwitter、Instagramをフォローしてみてください。

私が救われた「時短術」で、

あなたの人生の時間を劇的に増やし、幸せにします。

フォローは下の「Twitter」ボタンより、ほぼ毎日記事が届きます。

Twitter